読み上げる

皆さん!「情報ひろば」を知っていますか?

「文部科学省 情報ひろば」新庁舎2階エントランス及び企画展示室において新たな企画展示を開始しました!

「文部科学省 情報ひろば」新庁舎2階エントランス及び企画展示室(旧庁舎3F)では、文部科学行政に関する様々な展示と情報発信を行っています。令和3年7月1日から、新たに以下の大学・研究機関等による企画展示を開始しました。

文部科学省への来省の際は是非お立ち寄りください!

信州大学

[開催場所]報ひろば「東館2階エントランス」
[開催期間]令和3年7月1日~令和3年8月6日

ICT・AI技術を活用したスマート精密林業が日本の林業を変える。

 信州大学は、航空機やドローン、地上のタブレット端末からのレーザーセンシング情報をかけ合わせた独自のICT統合技術を開発しました。

 これは、1本1本の樹木まで3次元で映像解析できるため、入林の際は、必要とする樹木を伐採することができ、伐採の現場から流通まで一貫したビジネスを可能にしました。さらに、AI技術で、国内初となる苗木の自動抽出と高額で取り引きされる広葉樹の種類までの特定が可能になりました。現在、このビジネスはコンソーシアムが組まれ、森林組合や計測会社が参画、県・森林管理局などが協力支援しています。

 この画期的な国際競争力のある「スマート精密林業」技術に着目した三井住友信託銀行は、信州大学発ベンチャー(精密林業計測)に出資し「森林信託」の新サービスに着手しました。令和2年8月に商事信託としては国内初となる森林信託第一号を岡山県英田郡西粟倉村にて受託し、新しい形の地域活性化に貢献しています。

 これまで魅力がないといわれた「林業」という一次産業の事業構造をイノベーティブに変革、既に社会実装が始まっていることをこの度の展示を通して紹介し、日本各地で眠れる森林資源の活用が始まることが期待されます。

主な展示物

○実物展示
スマート精密林業と森林計測イメージのジオラマ
○映像
スマート精密林業への研究者の想い・パートナー企業の期待
○パネル
ICT・AI技術を活用した森林の3次元計測のシステム・テクノロジー

情報ひろばINFO

所在地
〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2
交通案内
銀座線「虎ノ門駅」11番出口 直結
千代田線「霞ヶ関駅」A13番出口 徒歩5分
開館時間
月曜~金曜10時~18時
※入館は閉館の30分前まで ※土曜日、日曜日、祝日、年末・年始休館
入館料
無料
〈お問合せ・団体見学申込先〉 文部科学省大臣官房総務課広報室事業第2係
TEL
03-6734-2170
Email
hiroba@mext.go.jp

〈情報ひろばホームページ〉へGO! ⇒ https://www.mext.go.jp/joho-hiroba/

皆様のお越しをお待ちしています。是非、お気軽にお立ち寄りください。

<音声トップページへ戻る>