読み上げる

工芸文化の魅力を発信~国立工芸館開館~

国立工芸館(東京国立近代美術館工芸館)

国立工芸館は、皇居のほとりから、工芸のまちの中へ移転し、新たなスタートを切りました。工芸文化の魅力を広く世界に届けます。


国立工芸館とは

 令和2年10月25日、東京国立近代美術館工芸館は通称を国立工芸館として、皇居のほとり北の丸公園から、工芸のまち石川県金沢市に、移転開館しました。
 この移転は、地方創生施策の一環として、政府関係機関が地方へ移転する流れの中で、石川県と金沢市が東京国立近代美術館工芸館を誘致したいとする提案により実現しました。当初は2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開会前となる7月中旬に移転開館する予定でしたが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により開館延期となり、秋を感じる季節になりました。
 移転した場所は日本三名園の一つ、兼六園の目と鼻の先で、金沢市内の文化ゾーンとして知られる兼六園周辺文化の森の中にある本多の森公園になります。周りには工芸・美術に関連する美術館や博物館などの施設のほか、金沢城などの文化遺産も多数あり、正に「工芸のまち」のど真ん中です。
 そもそも東京国立近代美術館工芸館は1977年に、東京都千代田区に開館した日本で唯一の工芸を専門とする国立美術館です。陶磁、ガラス、漆工、木工、竹工、染織、金工、人形、そしてデザインなど、全国各地から集められた明治以降の秀作を収集・保管し、40年以上に渡り展示事業や教育普及事業などを通して、国民に工芸文化のすばらしさを紹介してきました。
 1977年の開館以来のこうした活動は、1976年9月に発表された「工芸館(仮称)設置基本構想」に基づいて行われ、基本的には石川・金沢への移転後も変わらず継承されています。
 この基本構想には、「近代および現代における工芸について、調査研究を基礎とし、その優秀な作品ならびに関連する資料を収集し、保管し、展示し、併せて普及広報活動を行うことにより、工芸の作家および研究者の研究に資し、工芸に対する国民の理解を深めるとともに、わが国の工芸に対する世界の人々の関心を高めることを目的とする」とうたわれています。このことは構想の段階から、近代から現代にいたる工芸の収集と保管、展示、調査研究、広報普及が一体となった事業の展開を目指してきたことを示しています。さらには、当時の館長が言い残した「伝統工芸にかたよらない、現代工芸の殿堂にしていきたい」とする言葉にも、開館当初から続く工芸館の工芸に対する思いが表現されており、新たにスタートした国立工芸館にも引き継がれています。


建物と展示

 新たな工芸館の建物として選ばれたのは、明治時代に建てられた旧陸軍第九師団司令部庁舎(1898年建造、写真左)と、旧陸軍金沢偕行社(1909年建造、写真右)です。旧司令部庁舎は、師団司令部の執務室として、また旧偕行社は、将校の社交場として使われていたといいますが、工芸館では司令部庁舎を展示棟として、偕行社を管理棟として移築整備し、二つの建物の間にはガラス張りのエントランスを新たに設けています。建物の窓枠などの外観は改修に伴う調査で判明した建設当時の色が再現されています。
 展示棟の1階から2階にわたるスペースには、所蔵作品展や企画展を行う展示室が3室と、テーマを持った展示スペースが3室あります。一方、管理棟の2階には旧工芸館にはなかった多目的室を3室設け、講演会やレクチャーをはじめ、各種のイベントでの活用を考えています。


「工芸とであう」

 エントランスから入って最初に工芸館のコレクションと出合う場所、それが「工芸とであう」です。工芸館を楽しむプロローグ的な役割を担っています。ここには、作品の画像を超高精細8Kディスプレイに映し出すデジタル鑑賞システムを設置し、作品の全体や細部を観ながら、工芸作品に触れる場を提供しています。


「松田権六の仕事場」

 2階には「漆聖」とうたわれた金沢市出身の文化勲章受章者で漆芸家の松田権六(1896~1986)を紹介する「松田権六の仕事場」があります。東京都文京区にあった自宅の工房を移設したもので、正に松田の手による名品の数々が生み出された場所となります。絵筆や彫刻刀などの愛用した道具、貝や金粉などの蒔絵の材料のほか、作品の構想段階で描いたスケッチや図案なども展示しています。さらには、松田の人間国宝としての技術を記録として保存した映像もあり、漆芸ファンならずとも、必見の場所となっています。


「芽の部屋」

 松田権六の足跡を展示紹介している同じ2階には、次世代の工芸作家を発掘・紹介する目的で設置した「芽の部屋」があります。作り付けの展示ケースがない壁と床だけの空間で、若手の自由な発想による展示をはじめ、まだ作品にもならない資料的なものなど、様々な工芸作品や作品的なものの紹介を考えています。
 今回、この芽の部屋を使用して開館記念展Ⅰと併設して開催している「12名の工芸・美術作家による新作制作プロジェクト」では、「茶の湯」をテーマに、今の時代を感じさせる茶碗や水指、茶器、釜などの「茶の湯のうつわ」を紹介しています。これらはインターネットを介して資金を調達するクラウドファンディングで集めたお金を購入費に充てた作品群となります。日本の工芸の発展と深く関わりのある茶の湯のうつわを通して、若手作家の作品に対する思いや考えを示そうと企画したものです。今後は、これら茶の湯のうつわを使用した茶会や実際に作品に触れるイベントなどを計画していく予定です。

<音声トップページへ戻る>