読み上げる

皆さん!「情報ひろば」を知っていますか?

「文部科学省情報ひろば企画展示室」において新たな企画展示を開始しました!
文部科学省ミュージアム「情報ひろば」における「企画展示室」(旧庁舎3F)スペースを活用し、文部科学行政に関する展示と情報発信を行っており、以下の大学・研究機関等及びスポーツ庁による新たな企画展示を開始しましたのでお知らせします。文部科学省への来省の際は、是非お立ち寄りください!

[開催期間]令和2年9月1日~12月18日
国立青少年教育振興機構
情報ひろば「企画展示室」(旧庁舎3F)
「国立青少年教育振興機構の取組」
国立青少年教育振興機構は、全国28の国立青少年教育施設を中心に、それぞれの立地条件を活かした特色のある事業を展開し、青少年の健全育成に必要な自然体験活動、集団宿泊活動をはじめ、多様な体験活動の場と機会の提供に努めています。
今回の展示では、全国の国立青少年教育施設の紹介や、子供たちの体験活動の重要性を社会に発信し、社会全体でその機運を高める活動「体験の風をおこそう」運動の紹介、そして、そのエビデンスとなる当機構の調査結果について、各種報告書、パネル及びクイズなどを通じて紹介します。
【実物展示】「青少年の体験活動等に関する意識調査」報告書(平成28年度調査)、「子供の頃の体験がはぐくむ力とその成果に関する調査研究」報告書、「高校生のオンライン学習に関する意識調査」報告書―日本・米国・中国・韓国の比較―、全国の国立青少年教育施設リーフレット、体験・遊びナビゲーター 等
【映像】子供たちと体験活動(スライドショー)
【パネル】「全国の国立青少年教育施設の御案内」、「かわいい子には体験を!」、「子供の頃の読書は豊かな人生への第一歩」、「体験の風をおこそう」 等

[開催期間]令和2年7月28日~令和3年9月17日(予定)
スポーツ庁
情報ひろば「企画展示室」(旧庁舎3F)
「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」
スポーツ庁では、東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、スポーツを通じた国際貢献策である「Sport for Tomorrow」プログラムやオリンピック・パラリンピック教育などのオリンピック・パラリンピック・ムーブメントの推進をしています。
今回の展示では、リオデジャネイロオリンピックのメダリストたちのサイン入りユニフォーム、東京大会で行われる55競技の紹介動画、公式マスコットのBIGミライトワとソメイティや実際に立って体験できる表彰台などのフォトスポット、東京2020オリンピック聖火リレートーチ、日本代表選手団公式スポーツウェアを紹介します。
【実物展示】リオデジャネイロオリンピックメダリストのサイン入りユニフォーム、東京2020大会公式マスコット「ミライトワ・ソメイティ」の巨大ぬいぐるみ、昭和39年(1964年)東京オリンピック表彰台(レプリカ)、東京2020オリンピック聖火リレートーチ、日本代表選手団公式スポーツウェア
【映像】東京2020大会オリンピック・パラリンピック競技紹介動画「One minute, One sport」
【パネル】東京2020オリンピック競技大会ロゴポスター、東京2020パラリンピック競技大会ロゴポスター

情報ひろばINFO
所在地:〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2
交通案内:銀座線「虎ノ門駅」11番出口 直結
千代田線「霞ヶ関駅」A13番出口 徒歩5分
開館時間:月曜~金曜10時~18時
※入館は閉館の30分前まで ※土曜日、日曜日、祝日、年末・年始休館
入館料:無料
〈お問合せ・団体見学申込先〉 文部科学省大臣官房総務課広報室事業第2係
TEL:03-6734-2170 Email:hiroba@mext.go.jp

情報ひろばホームページへGO!⇒https://www.mext.go.jp/joho-hiroba/
皆様のお越しをお待ちしています。是非、お気軽にお立ち寄りください。

<音声トップページへ戻る>