読み上げる

皆さん!「情報ひろば」を知っていますか?

「文部科学省エントランス」において新たな企画展示を開始しました!
文部科学省ミュージアム「情報ひろば」では、「文部科学省エントランス」(新庁舎2F)を活用し、文部科学行政に関する展示と情報発信を行っています。令和2年8月20日から、新たに東海大学の企画展示を行います(9月18日まで)。文部科学省への来省の際は、是非お立ち寄りください!

[開催期間]令和2年8月20日~9月18日
東海大学
「文部科学省エントランス」(新庁舎2F)
「衛星とSNSで、安心・安全な社会をつくる―グローカル・モニタリング・プロジェクト―」
近年、災害や環境変動により、生活に甚大な被害が生じるケースが多発しています。東海大学は、人々が安心・安全な社会生活を送るための基盤をなす技術を確立することを目指し、平成28年度より、「グローカル・モニタリング・プロジェクト」を立ち上げ、研究開発を行っています。本プロジェクトは、地球観測衛星による環境・災害監視という“グローバル”な視点と、SNS等を活用し地域に密着した災害情報を共有する“ローカル”な視点を結び付けることで、自治体や国家、国際レベルでの防災対策システム構築に寄与することを目指しています。
今回の企画展示では、本プロジェクトの取組のほか、地球観測衛星による災害監視の解析事例及び地域社会の情報を収集・共有するツールとして開発した災害情報ツイートシステムを、パネル・映像・資料によって紹介します。また、東海大学情報技術センターの衛星データと画像処理技術を統合して制作した「衛星地球儀」も併せて紹介します。
【実物展示】・衛星地球儀
【映像・「グローカル・モニタリング・プロジェクト」
・「回転する地球画像」(阿蘇周辺の衛星画像) ほか
【パネル】・「プロジェクトの取組について」
・「地球観測衛星による災害監視システムについて」
・「災害情報ツイートシステムについて」 ほか

情報ひろばINFO
所在地:〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2
交通案内:銀座線「虎ノ門駅」11番出口 直結
千代田線「霞ヶ関駅」A13番出口 徒歩5分
開館時間:月曜~金曜10時~18時
※入館は閉館の30分前まで ※土曜日、日曜日、祝日、年末・年始休館
入館料:無料
〈お問合せ・団体見学申込先〉 文部科学省大臣官房総務課広報室事業第2係
TEL:03-6734-2170 Email:hiroba@mext.go.jp

情報ひろばホームページへGO!⇒https://www.mext.go.jp/joho-hiroba/
皆様のお越しをお待ちしています。是非、お気軽にお立ち寄りください。

<音声トップページへ戻る>