読み上げる

「いまスタ!社会人の学び応援プロジェクト」がスタート!

文部科学省総合教育政策局生涯学習推進課 職業教育推進係・専修学校教育振興室

本プロジェクト動画作成の目的
「人生100年時代」が到来し、社会の変化のスピードが増す中、政府全体でリカレント教育推進の旗を振っているところですが、学ぶ意欲がある人が潜在的にはいるものの、様々な制約から具体的な学び直しの行動に繋がらないという課題があります。
そのため、令和2年8月21日にリカレント教育の機運をこれまで以上に醸成し、その意義を普及啓発し、社会運動にしていくことを目指し、「いまスタ!社会人の学び応援プロジェクト」を立ち上げました。学びの重要性は痛感しているけれどなかなか決心がつかない方、大学や専門学校での学びのイメージが湧かない方など、リカレント教育に関心のある社会人の皆様に御覧いただき、新たなチャレンジに向けて一歩踏み出すことができるような動画となっております。
また、新型コロナウイルス感染症の影響がありながらも、学校全体を挙げて学びの機会を提供し続けている学校関係者の努力、そして様々な制約がありながらも、学修し自己のキャリアアップ・キャリアチェンジ等に励んでいる方々がいることを一人でも多くの方に知っていただきたいという思いから本動画を作成・公開させていただきました。
本プロジェクト動画の内容
本プロジェクト動画は、
①社会人の学びを応援する方からのメッセージ、②文部科学省のリカレント教育施策の説明、③専門学校のリカレント教育の事例紹介、から構成されており、文部科学省YouTubeチャンネルに公開されています。
(https://www.youtube.com/user/mextchannel)

1.社会人の学びを応援する方からのメッセージ
①出口治明氏(アジア立命館太平洋大学学長)
・昔学んだことと今の世の中は違うという落差に気付いたらもっと学びたいという気持ちが生まれてくるのではないか。
・社会人が勉強しないのは長時間労働に大きな原因がある。これを是正して皆が勉強するようになれば大学院や専門学校で学ぶ人も増えると思う。
・社会人の皆さんも一生学び続けることにチャレンジしてほしい。明日になれば一日、年をとる。何歳であれ今の皆さんが一番若いわけだから。
②青野慶久氏(サイボウズ株式会社代表取締役)
・社会は変化し、しかも複雑になっていく。だから学び続けないといけない。
・組織として学び直しを支援していきたいと考えている。一度組織を離れ、学んで戻ってきていいよという「育自分休暇制度」や、学ぶための本は買い放題制度、仕事の割合を減らして大学や専門学校で学び直しをする制度がある。学び直した社員が新しいものを持ち込み、イノベーションのきっかけになっている。
・学び直しを支援しないような組織からは人が出て行ってしまう。学び直しを支援していく会社に人が集まると思う。

2.文部科学省のリカレント教育施策の説明
リカレント教育を推進する上での課題やそれに対する対応策について解説しています。

3.専門学校のリカレント教育の事例紹介
分野のバランスを考慮し、今回の動画では、専門学校東京テクニカルカレッジ(工業)、河原電子ビジネス専門学校(情報)、森ノ宮医療学園専門学校(医療)、京都医健専門学校(社会福祉)の4校の事例を取り上げています。以下ではその概要を御紹介させていただきます。

①「自分らしく社会で活躍するために:学び直しを充実させる手厚い支援」(専門学校東京テクニカルカレッジ)
【プログラムの特色】
現在、学習目標の提示、学習目標の達成度の確認および学生のフォローアップに力を入れています。
ディプロマポリシーでは卒業までに身につく専門能力を何々ができると表現し提示、シラバスでは科目概要に留まらず、科目ごとにわかる目標・できる目標を提示しています。
また、5期制を採用し6週間ごとに達成度の確認を行っています。さらに授業においても、授業シート・授業カルテを活用し90分間ごとに達成度を確認するとともに、集計結果をもとに、授業の振返りと学生へのフォローアップを行っています。

【社会人が学びやすい工夫】
夜間課程においては、勤務後でも出席しやすい始業時間の設定、必要に応じて土曜日に補習を実施するなどの時間的な工夫を行っています。また、教育訓練給付金・専門人材育成訓練による経済的な支援を受けることが可能です。さらに、就職支援としては、中途採用情報の提供や学習成果をeポートフォリオにまとめ企業に向け発信しオファーをいただけるなどの支援を実施しています。

【学生や企業からの評価・反応】
経済的支援による安心感や学習目標の達成度確認による充実感が得られています。

【社会人へのメッセージ】
自分らしく社会で活躍するために、自己実現に向けて学び直しは有効な手立てです。

②「IT業界に転職のチャンス!:先端技術を学んで描く新しいライフデザイン」(河原電子ビジネス専門学校)
【プログラムの特色】
コンピューターの知識ゼロ、未経験であっても、わずか2年でIT技術者に必要な知識と技術が修得でき、各種資格や検定の取得が可能です。

【社会人が学びやすい工夫】
就職キャリア支援センターが設置され、社会人学生を就職までサポートしています。

【社会人へのメッセージ】
新型コロナウイルスの影響で社会構造が急激に変化している中、学び直しでIT職種にチャレンジができます。

③「生活スタイルに合わせて鍼灸師へ:リカレント教育こそ教育の本質」(森ノ宮医療学園専門学校)
【プログラムの特色】
学び直しや新たな資格取得を目指す社会人にとって充実したカリキュラム設定をしています。特に、基礎的な実技教育の徹底、臨床経験豊富な教員による授業を行っています。

【社会人が学びやすい工夫】
働きながら、子育てをしながら、勉強に専念してなど、生活スタイルに合わせて学ぶ時間帯を選べるコース設定、学士・医療人学費優遇制度の実施、空いた時間を利用して学びたいことを選んで学べる700時間を越えるゼミ、学生が利用できる保育園の完備、22時30分まで校舎を開放、自宅で学べる動画コンテンツの掲載など社会人が安心して学べる取組を実施しています。

【社会人へのメッセージ】
新たな医療資格を取得することにより現在の仕事をスキルアップしたり、鍼灸師の大きな特徴である独立開業ができることにより、人生100年時代のセカンドステージを見据え資格取得も大きな魅力です。

④「ロールプレイで社会福祉士の資格取得へ:キャリア形成促進プログラム」(京都医健専門学校)
【プログラムの特色】
社会福祉士の国家資格を目指すとともに、業界で求められる相談援助技術を身に付けることができます。

【社会人が学びやすい工夫】
夜間1年制のカリキュラム、就職につながる在学中のアルバイトの紹介、年齢や経験、環境に合わせた学習計画やキャリアプランを考えるために定期的な個別面談の実施などにより社会人学生を支援しています。

【学生や企業からの評価・反応】
1年という短期間でキャリアアップやキャリアチェンジができることへの喜び。

【社会人へのメッセージ】
社会的ニーズも高く多様な働き方ができる仕事です。社会人入学者が自分らしく働けるよう、一人ひとりに寄り添います。

本動画の概要は記載のとおりですが、具体については是非、動画本体を視聴してください。パートごとに分けて視聴できる等の工夫もしておりますので、一人でも多くの方々が学び直しの魅力や可能性に触れていただければと存じます。

今後の展望
今回は取組事例として専門学校を取り上げましたが、9月中に予定している第2弾では大学・短期大学・大学院大学等の紹介動画を公開いたします。
今後も随時、外部の有識者や企業の方などから学び続けることへの前向きなメッセージを発信いただくとともに、大学や専門学校などの具体の事例を紹介してまいりますのでどうぞ楽しみにしてください。
また、今回のようなリカレント教育動画は、社会人の学びを推進するための広報活動のごく一部に過ぎず、今後さらに教育機関、自治体、その他関係団体のお力添えを頂きながら社会人の学びに関する情報を発信していきたいと思います。
教育機関、自治体、その他関係団体におかれましては、「この事例を紹介したい」といった案件がございましたら、お気軽に文部科学省生涯学習推進課まで御連絡ください。

<音声トップページへ戻る>