読み上げる

みらプロ2020が始まります

文部科学省初等中等教育局情報教育・外国語教育課

みらプロ2020について
今般、文部科学省、総務省、経済産業省並びにプログラミング教育を推進する未来の学びコンソーシアムでは、企業と連携し、「プログラミングが社会でどう活用されているか」に焦点を当てた総合的な学習の時間における指導案等の提供を行う取組を「みらプロ2020」として実施することとしました。

小学校からの応募を受付中
2月18日より、小学校からの応募受付を開始しており、「企業訪問受入」「講師派遣」は3月19日で受付を終了していますが、「動画教材提供」については、4月13日(月)の12時まで受付をしています。
各企業等の取組(指導案等)の詳細や応募要件、応募方法については、みらプロ2020特設サイトに掲載しています。
■みらプロ2020特設サイト
https://mirapro.miraino-manabi.jp/

みらプロ2019の実施事例について
令和元年度においては、令和元年9月を「未来の学びプログラミング教育推進月間」(みらプロ2019)と設定し、同様の取組を実施しました。
みらプロ2019の実施事例は、未来の学びコンソーシアムのポータルサイト「小学校を中心としたプログラミング教育ポータル」内の、実施事例「A分類」(総合的な学習の時間)に掲載しています。
また、みらプロ2019の概要動画と各実施事例の概要動画を、YouTube文部科学省公式動画チャンネルにて公開しています
■YouTube みらプロ2019概要動画
 https://www.youtube.com/watch?v=u1vZYCguGiY&list=PLGpGsGZ3lmbCFlw1Ju6gVg476aLyCwHVp
■小学校を中心としたプログラミング教育ポータル
 みらプロ2019の実施事例について
 https://miraino-manabi.jp/content/475
■文部科学省HP みらプロ2019について
 https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/mext_00400.html

みらプロ記者発表会を開催
文部科学省では、2月18日に「みらプロ」の実施に関する記者発表会を開催しました。みらプロ2020で新たに協力企業となった株式会社しくみデザイン、株式会社ポケモンから取組紹介が行われたほか、足立区教育委員会、鉾田市教育委員会から、みらプロ2019の実施事例の報告が行われました。

<音声トップページへ戻る>