読み上げる

令和元年度全国学校給食週間

文部科学省初等中等教育局健康教育・食育課

文部科学省では、学校給食の意義や役割等についての理解と関心を高め、学校給食のより一層の充実発展を図ることを目的に、毎年1月24日から30日までの1週間を全国学校給食週間と定めています。

全国学校給食週間
我が国における学校給食は、明治22年に始まって以来、各地に広がっていきましたが、戦争の影響などによって中断されました。
戦後、食糧難による児童の栄養状態の悪化を背景に学校給食の再開を求める国民の声が高まるようになり、昭和22年1月から学校給食が再開(「学校給食実施の普及奨励について」昭和21年12月11日文部、厚生、農林三省次官通達)されました。
同年12月24日に、東京都内の小学校で給食用物資の贈呈式が行われ、それ以来、この日を学校給食感謝の日と定めました。昭和26年から、学校給食による教育効果を促進する観点から、冬季休業と重ならない1月24日から1月30日までの1週間を「全国学校給食週間」とし、全国の学校や教育委員会において学校給食に関する様々な行事が行われています。

学校給食の役割
子供たちの食生活を取り巻く環境が大きく変化し、偏った栄養摂取、肥満傾向など、健康状態について懸念される点が多く見られる今日、学校給食は成長期にある児童生徒の心身の健全な発達のため、栄養バランスのとれた豊かな食事を提供することにより、健康の増進、体位の向上を図ることはもちろんのこと、食に関する指導を効果的に進めるための教材として活用することができるなど、重要な役割を担っています。
学校給食については、昭和29年に「学校給食法」が制定されて学校給食の法的根拠が明確になり、教育活動として実施されてきました。学校給食法は、平成20年6月に大幅改正され、「学校における食育の推進」が新たに規定されました。学校給食の教育的効果を引き出し、学校における食育を推進するという趣旨がより明確になりました。

学校給食に関するパネル展示
令和元年度の全国学校給食週間の期間中、文部科学省では、学校給食の栄養管理や歴史等について紹介したパネルを作成し、文部科学省のエントランスや情報ひろばに展示しました。

ツイッターやユーチューブを活用した広報
学校給食の意義や役割等について理解と関心を深めることを目的に、1月24日(金)~30日(木)の5日間において、文部科学省公式ツイッターアカウントによる各地の学校給食の献立の紹介や、ユーチューブ広告による全国学校給食週間の広報動画の配信を行い、当該期間の動画再生回数は40万回を超えました。

学校給食・食育総合推進事業事例発表会
1月29日(水)に、全国の教育委員会の担当者等約90名が集まり、令和元年度「社会的課題に対応するための学校給食の活用事業」と「つながる食育推進事業」の取組について発表を行い、出席者との質疑応答等を通じて、取組事例とその成果について情報共有しました。
○「社会的課題に対応するための学校給食の活用事業」
・玉ねぎやトマト等規格外農作物の加工品開発による食品ロスの削減や、キャベツやグリンピースの収穫体験等を通じて生産者と連携し、地場産物の活用率向上に取り組んだ事例(静岡県袋井市)
・郷土料理の塩分使用量が比較的高いことを課題と捉え、特別支援学校において、減塩に向けた献立作成及び調理方法の研究に取り組み、併せて地場産の食材の活用割合の向上にも取り組んだ事例(奈良県)
・商品として流通できない多くの規格外農作物が捨てられている現状から、地域の生産者の協力のもと、廃棄される人参やブロッコリー等規格外農作物の収穫及び加工品開発を行い、地産地消及び食品ロスの削減に取り組んだ事例(徳島県)

○「つながる食育推進事業」
・児童生徒の生活習慣の改善が課題となる中、生活ノートを活用した児童生徒の生活習慣の見える化や、PTA食育講演会によりそれを振り返る機会を設けるなど、学校・地域・教育委員会が連携して取り組んだ事例(長野県)
・児童生徒の食習慣や食事マナーに課題を抱える特別支援学校において、生産者の出前授業や地元の御当地キャラクターを活用した給食指導などを行った。これにより、児童生徒の食に関する関心を高め、食の自己管理能力の育成につなげた事例(三重県)
・生活習慣の改善を市全体の課題として捉え、家庭や地域をはじめ市民への働きかけを行った。また、学校内においても教職員全体の食育に対する意識向上を図り、学校全体で食育を推進することにより、児童生徒の生活習慣に変容が見られた事例(山口県)

「栄養教諭による食育授業」体験会
同1月29日(水)に、一般の方々を主な対象として、学校給食の意義や栄養教諭の役割等について理解と関心の向上を図ることを目的に、石川県七尾市立七尾東部中学校の北出宏予栄養教諭による食育授業体験会を開催しました。
「健康な生活を送るために食事で大切なこと」について資料を読み取ったり、読み取った情報を伝えあったりした後、北出栄養教諭から栄養についての専門的な指導や、日頃の食生活を振り返る活動を通して、参加者のアンケートには「食育を通して知識が得られると、食に対する意識が変わるなと思いました。」「栄養教諭の理解を深める良い機会になりました。」などの感想が見られました。

おわりに
今回紹介した取組や、全国の学校や教育委員会による本週間の様々な行事が、学校給食の更なる充実及び学校における食育の一層の推進につながることを期待しています。なお、本週間の取組の一部は、文部科学省HPにも掲載していますので、是非御覧ください。
https://www.mext.go.jp/a_menu/sports/syokuiku/1299359.htm

<音声トップページへ戻る>