読み上げる

令和元年度 「地域学校協働活動」推進に係る文部科学大臣表彰

文部科学省総合教育政策局地域学習推進課

地域住民等の参画により、地域全体で未来を担う子供たちの成長を支え、地域を創生する地域学校協働活動に係る文部科学大臣表彰が行われました。

文部科学省では、幅広い地域住民等の参画により、地域全体で未来を担う子供たちの成長を支え、地域を創生する地域学校協働活動のうち、他の地域の模範となる活動に対して文部科学大臣表彰を行っています。この地域学校協働活動は、地域全体で次代を担う子供たちを育成するために、地域と学校が連携・協働し、地域の教育力の向上を図り、社会総掛かりでの教育の実現を目指すことを目的としています。
今年度は、学校運営協議会、地域学校協働本部関係団体等により実施されている合計100の活動に対する表彰式が、令和元年12月2日(月)に文部科学省東館3階講堂にて行われました。
表彰式では、青山文部科学大臣政務官が受賞団体の代表である福岡県春日市立春日小学校の福島隆幸校長に表彰状を授与した後、「来年度より小学校から順次、全面実施となる学習指導要領では、『社会に開かれた教育課程』の実現を目指すこととしています。新しい時代に必要となる資質・能力を育むためには、社会と密接につながった学校教育の実践が不可欠であり、その実現のためには、コミュニティ・スクールや『地域学校協働活動』の取組を全国で推進することが重要です。」と述べるとともに、各地域で子供たちのために活動されている方々に対して感謝と敬意を伝えました。
これに対して、受賞団体を代表して岡山県早島町の徳山順子教育長は受賞の喜びを述べるとともに、「今後も多くの方々と連携・協働することにより、グローカルな視点で子供を育てていきたい」という思いを話されました。
その後、「地域と学校で目標・授業をデザインする」というテーマで、国立教育政策研究所志々田まなみ総括研究官がコーディネーターとなり、益田市立豊川小学校、上越市立春日小学校の事例発表によるシンポジウムが開かれ、表彰式は終了しました。

(参考)表彰対象の活動一覧
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/31/11/__icsFiles/afieldfile/2019/11/20/1422668_003_1.pdf

<音声トップページへ戻る>