読み上げる

皆さん!「情報ひろば」を知っていますか?
「文部科学省エントランス」において新たな企画展示を開始しました!

文部科学省ミュージアム「情報ひろば」では、「文部科学省エントランス」(新庁舎2F)を活用し、文部科学行政に関する展示と情報発信を行っています。令和元年11月19日から、新たに大阪大学及び信州大学の企画展示を行います(大阪大学は12月19日まで、信州大学は12月20日まで)。文部科学省への来省の際は、是非お立ち寄りください!

○大阪大学
「透明な紙がある未来の生活」
大阪大学では、木から生まれる夢の新素材セルロースナノファイバー研究を紹介する展示を行います。
セルロースナノファイバーとは、幅4-15nmのとても微細な繊維であり、地球上全ての植物に含まれる無尽蔵な天然資源です。平成12年(2000年)頃、世界に先駆けて日本から、セルロースナノファイバーの研究開発は始まりました。日本の研究者がこの分野を牽引し、この秋には、セルロースナノファイバーで作った車:ナノセルロースビークル(NCV)が東京モーターショーで発表されました。現在、大阪大学では、新たなセルロースナノファイバー材料の開発、透明な紙を用いた電子機器:ペーパーエレクトロニクスの研究を行っています。
展示では、透明な紙が秘める可能性を視覚的に分かりやすくお伝えするべくセルロースナノペーパー「透明な紙」を用いたIoTセンサデバイス、及びセルロースナノファイバーを用いた人と環境に優しい水流計測技術について、ジオラマと水槽を用いて紹介します。
また、企画展示に併せ、「透明な紙」がある未来の生活を垣間見ることができる小冊子を制作しました。展示ブースにて無料で配布しますので、是非御覧ください。
【実物展示】
・セルロースナノペーパーを用いた土に還るIoTセンサデバイス
・セルロースナノファイバーを用いた人・環境に優しい水流計測技術

○信州大学
「水の未来を変える、信大クリスタルが変える。」
信州大学では鉛、ヒ素、フッ素などの有害物質による水汚染の解決を目指し、水から効率的に有害物質を除去する吸着材を新たに開発しています。鉛を除去する吸着材を搭載した携帯型浄水ボトル「NaTiO」を平成30年に発売しました。これら吸着材を実現する核となるのが、信州大学が世界を先導する「フラックス法」です。フラックス法を用いれば、原料を結晶化し高機能(例えば水処理の場合は有害物質の吸着性能)な材料を実現できます。この特長は医療機器に用いられる生体となじむ材料やリチウムイオン二次電池の材料でも発揮されます。
信州大学では、フラックス法により育成された結晶及び関連材料を「信大クリスタル」と命名し、水・健康・エネルギーなどの重要分野での展開を進めています。今回の展示では信大クリスタルの特徴を、CGなどによる動画やパネル、信大クリスタルの実物などで紹介します。
【実物展示】
・携帯型浄水ボトルNaTiO:信大クリスタルを搭載した携帯型浄水器
・各種人工宝石・人工サファイヤインゴットなど
・信大クリスタルイメージ模型
・信大クリスタルを用いたリチウムイオン二次電池(モックアップ)
【映像】
・信州大学の無機結晶育成技術「フラックス法」『信大クリスタル』の紹介
【パネル】
・信州大学とトクラスの共同開発「携帯型浄水ボトルNaTiO」の紹介
・信大クリスタルは、「フラックス法」から生まれる!結晶化技術の紹介

情報ひろばINFO
所在地:〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2
交通案内:銀座線「虎ノ門駅」11番出口 直結
千代田線「霞ヶ関駅」A13番出口 徒歩5分
開館時間:月曜~金曜10時~18時
※入館は閉館の30分前まで ※土曜日、日曜日、祝日、年末・年始休館
入館料:無料
〈お問合せ・団体見学申込先〉 文部科学省大臣官房総務課広報室事業第2係
TEL:03-6734-2170 Email : hiroba@mext.go.jp

情報ひろばホームページへGO!⇒http://www.mext.go.jp/joho-hiroba/
皆様のお越しをお待ちしています。是非、お気軽にお立ち寄りください。

<音声トップページへ戻る>