読み上げる

皆さん!「情報ひろば」を知っていますか?
「文部科学省 エントランス」において新たな企画展示を開始しました!

文部科学省ミュージアム「情報ひろば」では、「文部科学省エントランス」(新庁舎2F)を活用し、文部科学行政に関する展示と情報発信を行っています。
令和元年7月1日から、新たに大阪府立大学及び愛媛大学の企画展示を行います(大阪府立大学は8月8日まで、愛媛大学は8月9日まで)。文部科学省への来省の際は、是非お立ち寄りください!

○大阪府立大学
障がい者スポーツ科学とボッチャ
障がい者にとって、スポーツは、楽しみ、交流の場、競技、リハビリ、そして社会参加のための一つの大きなツールにもなり得ます。大阪府立大学総合リハビリテーション学研究科 奥田邦晴教授、片岡正教講師の研究室では、これまで様々な障がい者スポーツの選手強化を科学的にサポートしてきました。
今回「障がい者スポーツ科学とボッチャ」をテーマに、奥田・片岡研究室の取組、ボッチャがもたらす様々な効果について御紹介します。
ボッチャは“ひとの可能性”を表出できるスポーツであり、普段私たちが考えているいわゆる「普通の概念」を根底から覆せるスポーツです。皆様に障がい者スポーツやボッチャのことを知っていただき、その魅力と奥深さを感じていただきたいと思います。
【実物展示】
・ボッチャボール
・ボッチャ競技用補装具(ランプなど)
【映像】
・ボッチャの競技解説
【パネル】
・障がい者スポーツ科学と研究成果に関する紹介
・ボッチャ解説(ルールや戦略、見所など) など

○愛媛大学
超高圧合成が生んだ世界最硬「ヒメダイヤ」
ダイヤモンドは硬い物質ですが、愛媛大学地球深部ダイナミクス研究センター(GRC)が合成に成功した「ヒメダイヤ」は天然の単結晶ダイヤモンドをしのぐ世界で最も硬い物質です。GRCでは、地球・惑星深部の超高圧・超高温の状態を再現する高圧実験や理論計算により、地球・惑星の深部構造やダイナミクスを解明しています。
超高圧下でのみ合成可能な「ヒメダイヤ」は、工業的な用途のほか、その高い硬度をいかして新たな高圧発生装置へ応用されるなど、地球惑星深部研究の進歩に貢献しています。さらに、GRCが運営する共同利用・共同研究拠点「先進超高圧科学研究拠点(PRIUS)」を通し、物性物理学や材料科学など幅広い分野での国際共同研究の広がりにも大きな影響を与えています。
今回は、「ヒメダイヤ」実物を展示し、愛媛で生まれた世界最先端の新素材を御紹介します。
【実物展示】
・ヒメダイヤ
【映像】
・GRC紹介ビデオ(約6分)

情報ひろばINFO
所在地:〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2
交通案内:銀座線「虎ノ門駅」11番出口 直結
千代田線「霞ヶ関駅」A13番出口 徒歩5分
開館時間:月曜~金曜 10時~18時
※入館は閉館の30分前まで ※土曜日、日曜日、祝日、年末・年始休館
入館料:無料
〈お問合せ・団体見学申込先〉 文部科学省大臣官房総務課広報室事業第2係
TEL:03-6734-2170 Email:hiroba@mext.go.jp

情報ひろばホームページへGO!⇒http://www.mext.go.jp/joho-hiroba/
皆様のお越しをお待ちしています。是非、お気軽にお立ち寄りください。


<音声トップページへ戻る>