読み上げる

8月7日(水)・8日(木)
~「こども霞が関見学デー」の開催について~

文部科学省総合教育政策局地域学習推進課

「こども霞が関見学デー」は文部科学省をはじめとした府省庁等が連携して、それぞれの業務説明や省内見学などを行うものです。
当省では多数の展示・体験イベントを用意していますので、是非御参加ください。

「こども霞が関見学デー」について
「こども霞が関見学デー」は、文部科学省をはじめとした府省庁等が連携して、業務説明や省内見学などを行うことにより、親子の触れ合いを深め、子供たちが夏休みに広く社会を知る体験活動の機会とするとともに、府省庁等の施策に対する理解を深めてもらうことを目的として、毎年夏休み期間中に実施しています。
子供たちが興味を引くような体験教室や省内見学などを25府省庁等が準備しています。文部科学省では80を超える展示・イベントを用意していますので、この機会に親子での触れ合いを更に深めるきっかけとして是非御参加ください。

文部科学省で実施されるプログラム
文部科学省では、省内の二つの講堂や様々な会場において、教育、科学技術、学術、文化、スポーツ等の各分野に関する多彩なプログラムを実施します。
以下は実施されるプログラムの一例です。(内容が変更となる場合があります。)
●【「早寝早起き朝ごはん」PR】イラストを描いたりぬり絵をしたりして、オリジナル缶バッジを作成できます。同時に「早寝早起き朝ごはん」の説明、ガイドの配布も行います。
●【沖縄の自然を楽しく学ぼう!】琉球列島に生息する昆虫標本などの観察やクイズ、沖縄のきれいな海に生息する生物の映像など、沖縄の自然を楽しめるコーナーです。
●【国立科学博物館「作ってみよう!万華鏡」】透明プラスチックを使用して、自分だけのオリジナル万華鏡を制作できるコーナーです。
●【ラグビーワールドカップ2019日本大会「トロフィーツアー」】ラグビーワールドカップにおいて、毎大会の優勝チームに渡される優勝カップ「ウェブ・エリス・カップ」の展示を行います。
●【子ども茶道教室】子供たちに茶の湯体験、菓子の頂き方、茶の飲み方、自分で点てることにチャレンジしてもらいます。
●【2020年4月オープン!国立アイヌ民族博物館がやってきた!!】新たにオープンする博物館の展示内容の解説や、展示資料を使ったミニワークショップ、博物館やウポポイ(民族共生象徴空間)を紹介する動画を放映するコーナーです。

大臣室へようこそ
文部科学大臣と子供たちが大臣室で懇談や記念撮影を行うプログラムです。(内容が変更となる場合があります。)

土曜学習応援団による各種プログラム
子供たちの豊かな教育活動を充実させるために、多様な企業・団体等が「土曜学習応援団」に登録して、学校等で出前授業等を行っています。当日は出前授業やパネル展示を40ほど行います。例えば、キャビンアテンダントや会社経営の職業体験や、海外や南極での生活体験、魔法のボトルや紙ヒコーキの作成等、さまざまなプログラムがあります。
詳しい情報は「学校と地域でつくる学びの未来」新着情報より御確認ください。

●事前申込みが必要なプログラムもありますので、詳細については、文部科学省ホームページで御確認ください。
http://www.mext.go.jp/a_menu/ikusei/kengaku/index.htm

<音声トップページへ戻る>