読み上げる

子供の読書活動の推進
~4月23日は「子ども読書の日」~

文部科学省総合教育政策局
地域学習推進課

国民の間に広く子供の読書活動について関心と理解を深め、子供が積極的に読書活動を行う意欲を高めるために「子どもの読書活動推進フォーラム」を開催しました。

子供の読書活動の推進
読書は、子供にとって、言葉を学び、感性を磨き、表現力を高め、創造力を豊かなものにし、人生をより深く生きる力を身に付ける上で欠かせないものです。
「子どもの読書活動の推進に関する法律」では、国民の間に広く子供の読書活動について関心と理解を深めるとともに、子供が積極的に読書活動を行う意欲を高めるため、「子ども読書の日」を設けること、「子ども読書の日」は、4月23日とすること、国及び地方公共団体は、子ども読書の日の趣旨にふさわしい事業を実施するよう努めなければならないとされています。

子ども読書の日
国民の間に広く子供の読書活動について関心と理解を深め、子供の読書活動を推進するために、「子ども読書の日」を広く周知するとともに、特色ある優れた取組を行っている学校・図書館・民間団体等を表彰しています。

子どもの読書活動推進フォーラムの開催
文部科学省では、独立行政法人国立青少年教育振興機構との共催で、「子ども読書の日」(4月23日)を記念し、「子どもの読書活動推進フォーラム」を開催しており、あわせて、文部科学大臣表彰の表彰式を行っております。

本年度は、約400名の方々の参加のもと、主催者を代表して清水明総合教育政策局長が挨拶し、来賓の「子どもの未来を考える議員連盟」の河村建夫会長から御祝辞を頂きました。続いて、優れた取組を行っている学校、図書館及び団体(個人)を表彰するため、平成14年から始まった文部科学大臣表彰では、優秀実践校138校、優秀実践図書館47館、優秀実践団体(個人)56団体(名)が表彰されました。
式典では、各部門の代表として次の3団体に対して、表彰状の授与が行われました。
・北海道札幌南高等学校(北海道)
・函南町立図書館(静岡県)
・おはなしぱちぱち(岩手県)

文部科学省では引き続き、学校、図書館、読み聞かせ等を行っている民間団体、家庭等が連携し、子供たちが自主的な読書習慣を身に付ける取組を推進してまいります。

<音声トップページへ戻る>