読み上げる

「文部科学省エントランス」及び「企画展示室」において新たな企画展示を開始しました!

文部科学省ミュージアム「情報ひろば」における「文部科学省エントランス」(2F)及び「企画展示室」(旧庁舎3F)スペースを活用し、文部科学行政に関する展示と情報発信を行っており、令和元年5月より、以下の大学・研究機関等による新たな企画展示を開始しましたのでお知らせします。文部科学省への来省の際は、是非お立ち寄りください!

[開催期間]令和元年5月20日~令和元年6月21日
九州工業大学
情報ひろば「文部科学省エントランス」(2F)
・介護・見守り分野におけるセンサ行動認識システムの開発
−九州工業大学は、未来志向のAI・IoTで医療・介護の負担を減らします−
九州工業大学では、北九州市においても大きな課題にもなっている少子高齢化の影響による介護分野の労働力不足を解決すべく、自治体、地域と連携し、本物の介護現場のデータを収集し活用することで、最先端の医療・介護のためのAI及び独自の行動認識技術の発展を目指した取組を行っており、その一部を紹介します。
【パネル】
・Q and A形式で、介護問題に九州工業大学が取り組む最新テクノロジー(AIやIoT)を活用することでどのような効果があるのかを分かりやすく紹介
【映像】
・センサ行動認識技術の紹介
・AIを用いた行動見守り技術の紹介

[開催期間]令和元年5月20日~令和元年6月21日
総合地球環境学研究所
情報ひろば「文部科学省エントランス」(2F)
・みんなで創る地球環境ポスター展
総合地球環境学研究所が所蔵する「国連子供環境ポスター原画コンテスト」の作品を活用した教育ワークショップの成果を御紹介します。
本展示では、草津市立渋川小学校(滋賀県)の6年生が、たくさんのポスター原画から好きな作品を選んで、その解説文をグループで話し合いながら、創り上げたものです。会場には皆様からのメッセージを残していただけるスペースを用意しました。皆様の参加で、この展覧会は完成します。
ただ受け身で絵を鑑賞するのではなく、絵のメッセージを伝える立場になることで、絵との対話は格段に深まります。子供たちが、自分たちとは異なる文化・自然の中で育った世界中の子供たちの絵と深く向き合い、みんなで話し合いながら創った展覧会に、是非御参加ください。
【実物展示】
・国連子供環境ポスター原画コンテストの作品
【映像】
・渋川小学校及び世界各国で開催した教育ワークショップの紹介動画
【パネル】
・教育ワークショップの成果紹介パネル(渋川小学校児童による解説文)

令和元年5月7日~令和元年8月23日
筑波大学
情報ひろば「企画展示室」(旧庁舎3F)
・「スポーツ芸術表現学入門~リボーン・アートボールって何だろう?」
筑波大学では全学の学生対象の総合科目で「スポーツ芸術」を多様な観点から捉えることを通して、スポーツとアートを考える「スポーツ芸術表現学」を開講しています。このスポーツとアートの関わりを、アスリートたちが廃棄するまで使ったボールに、アートの力で新しい命を吹き込み、アート作品として再生(リボーン)させようという想いから「リボーン・アートボール」と命名しました。「エコ・スポーツ・アート」が一つになったリボーン・アートボールを紹介します。
【実物展示】
・リボーン・アートボール(完成作品)
・制作のための材料(画材、制作用ボール)
・「リボーン・アートボール2020」実施報告書 等
【パネル】
・リボーン・アートボールの背景 
・「スポーツ芸術表現学」授業概要
・オリンピック芸術競技歴史年表
・オリンピック芸術競技参加者一覧 等

・目指せ!「パーフェクト栄養型の食事」
アスリートの食事の基本として推奨されている、「主食」、「主菜」、「副菜」、「果物」、「牛乳・乳製品」の五つの食品区分が揃う食事を『パーフェクト栄養型の食事』と称して、その実践による『望ましい食』の自立に向けた研究及びサポート活動に取り組んでいます。その一連の研究によって開発した簡易的な食事チェック方法『ばらんすあっぷシート』及び自己チェック・自己管理用『食生活バランスチェック表』を紹介します。
【パネル】
・「パーフェクト栄養型の食事」の解説パネル
・「パーフェクト栄養型の食事」実践例(1日に摂取したいエネルギー量別)
・目指せ!「パーフェクト栄養型の食事」に関連するサポート活動事例とその成果の紹介
【実物展示】
・食生活バランスチェック表(1800kcal版、2500kcal版、3500kcal版、4500kcal版)
・ばらんすあっぷシート

令和元年5月7日~令和元年8月23日
東京家政学院大学
情報ひろば「企画展示室」(旧庁舎3F)
・「江戸時代の食文化を今に活かす」
東京家政学院大学では、教員と学生が江戸時代の料理の研究・再現に継続的に取り組んできました。
本展示では、料理の世界をビジュアルで楽しむだけではなく、栄養学・調理学の分析結果を踏まえ、江戸時代の料理を切り口とした、今日の食生活の見直しへの提言として、再現料理を取り入れた献立例を提案します。
東京家政学院大学の知的資産と、食文化研究、栄養学、調理学といった家政学の知見を総合的に融合し、次世代につなぐ食生活について提案展示です。
【実物展示】
・料理標本「鳥団子汁」「すずめ焼き」「鋤焼」
・江戸時代料理書 『豆腐百珍』(復刻版)等
【映像】
・食品サンプル製作のための再現料理の調理風景(12分)
【パネル】
・「料理書と遊び心の料理」、「本膳料理・会席料理」 等

令和元年5月7日~令和元年8月23日
国立女性教育会館
情報ひろば「企画展示室」(旧庁舎3F)
・「女性アーカイブ資料と日本の男女共同参画の歩み」
国立女性教育会館(NWEC)女性アーカイブセンターは我が国初の「女性アーカイブセンター」として平成20年に開設されて以来、女性教育・女性運動・女性政策などに関わる史・資料を収集・整理・保存・提供してきました。これまで引き取り手がなかったために散在し、破棄されてしまうこともあった女性アーカイブ資料を収集し整備することは、歴史的事実を検証し、市民の知る権利を保障する、極めて高い公共性をもつ取組です。
展示では、国内外から収集した様々なコレクションをもとに、史・資料(一部複製)を紹介します。日本の男女共同参画の歩みが現在の社会とどのようにつながっているのか、人々が考え、語り、行動した「記録」を未来への「資産」としてどのように残し、つないでいくのか、理解を深め学ぶ機会を提供します。
【実物展示】
・稲取婦人学級 学級新聞 等
【映像】
・「男女共同参画すごろく」電子版デモ
【パネル】
・「女性アーカイブ」ができるまで
・アーカイブ事例:稲取婦人学級 等

情報ひろばINFO
所在地:〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2
交通案内:銀座線「虎ノ門駅」11番出口 直結
千代田線「霞ヶ関駅」A13番出口 徒歩5分
開館時間:月曜~金曜10時~18時
※入館は閉館の30分前まで ※土曜日、日曜日、祝日、年末・年始休館
入館料:無料
〈お問合せ・団体見学申込先〉 文部科学省大臣官房総務課広報室事業第2係
TEL:03─6734─2170 Email:hiroba@mext.go.jp

情報ひろばホームページへGO!⇒http://www.mext.go.jp/joho-hiroba/
皆様のお越しをお待ちしています。是非、お気軽にお立ち寄りください。

<音声トップページへ戻る>