読み上げる

特集1
専門職大学・専門職短期大学制度がスタート
~2019年4月に新しいタイプの大学が55年ぶりに誕生~

文部科学省高等教育局専門教育課

2019年4月に専門職大学・専門職短期大学制度がスタートしました。
新しいタイプの大学制度が創設されるのは、1964年の短期大学制度創設以来55年ぶりです。
専門職大学・専門職短期大学とはどんな大学なのか、制度創設の背景や特徴について説明します。

専門職大学とは?
専門職大学・専門職短期大学(以下「専門職大学」と言う。)は、特定の職業のプロフェッショナルになるために必要な「知識・理論」と「実践的なスキル」の両方を身に付けることのできる大学です。
教育課程(カリキュラム)は、産業界、地域社会と大学が連携して編成し、講義だけでなく、学内・学外での実習が豊富に組まれています。
卒業後は、即戦力の専門職として、そして現場の最前線に立つリーダーとして活躍が期待されます。
さらに、専攻する職業に関連する他分野も学び、専門分野と掛け合わせることで、前例にとらわれないイノベーションを起こし、就職した業界や職業の変化をリードする人材が育つことも期待されています。
このように、専門職大学では、優れた専門技能等をもって、新たな価値を創造することができる専門職業人材を養成します。
なお、専門職大学は、学校教育法第一条の「大学」に位置付けられており、決して既存の大学よりも一段低い高等教育機関ではありません。質の高い職業教育を行う高等教育機関として、従来のアカデミックな大学と並び立つ新しいタイプの大学であることに御留意ください。

従来の大学や専門学校との違いは?
従来の大学は幅広い教養や学術研究の成果に基づく知識・理論とその応用の教育、すなわち、比較的、学問的色彩の強い教育が多くなっています。
また、専門学校は、資格試験合格など、特定職種の実務に直接必要となる知識や技能の教育、すなわち実践的な教育が多くなっています。
専門職大学では、従来の大学と専門学校の長所を取り入れて、理論にも裏付けられた「高度な実践力」と「豊かな創造力」を身に付けることができます。

専門職大学はなぜできた?
専門職大学は、政府の教育再生実行会議や文部科学省の中央教育審議会、そして国会での審議を経て学校教育法の一部が改正され、2019年度から制度化されました。その背景を説明します。

学生の多様化
大学・短期大学への進学率上昇に伴い、進学する学生も多様化しています。アカデミックな教育を受けることに意欲・適性を持った人ばかりでなく、職業技能の教育に適性を持った人もいます。しかし、高学歴志向・大学志向の流れに沿って、多様な学生が同一の尺度で大学選びを行っている結果、入学後に、十分な目的意識や意欲を持って学修に取り組めないなどのミスマッチが生じている例も少なくありません。
また、変化の激しい社会においては、社会人の学び直しニーズへの対応も必要です。
学生の多様化に応じて教育も多様化していくことで、個人の能力と可能性をより一層開花させることが期待されます。

産業・職業の状況
21世紀の経済社会においては、知識・技術が日進月歩の進化を遂げ、イノベーションの波も押し寄せ、産業構造の転換のスピードはますます速くなり、各企業等は、より流動的で先行き不透明な状況の中での競争に面しています。
新しい産業・職業が次々と生まれる一方、今ある職業の多くが、近い将来、新たな職業に入れ替わっていくことも想定されます。多くの仕事が機械やコンピューターに置き換えられ、人が担う業務は、より人間的なコミュニケーションを伴う業務へと移行することが予想されます。

今後の職業人養成の在り方
このような中で、日本が今後も成長・発展を続けていくためには、成長分野等への人材シフトを円滑に進めるとともに、事業の現場で様々な変化への対応を推進していくことが不可欠です。成長分野等において必要な能力を育成するとともに、とりわけ、変化への対応が求められる中で事業の現場の中核を担い、現場レベルの改善や革新(イノベーション)をけん引していける人材の養成強化が課題となります。こうした人材が、事業活動の最前線に立ち、新規事業への進出や海外展開等に際しても、中核的な役割を果たしていくようになることが期待されます。
以上のような観点から、現在の職業の中での専門性を高めるとともに、将来の変化を見据えたより幅広い力を育てるという両面に応えた人材育成が必要です。
すなわち、座学や理論の教育のみにとどまらず、産業界等と連携して、①専門分野における高度で実践的な専門性を身に付けると同時に、②専門の中で閉じることなく、変化に対応する能力や、生涯にわたり学び続けるための力(基礎的・汎用的能力や教養等)を備えた人材を養成することが求められます。
現行の大学が自らの判断でこのような人材養成を推進することも可能です。しかし、各大学の判断に委ね、事実上の取組を待つのみでは、社会の要請にすばやく応えていく上では十分とは言えません。質の高い実践的な職業教育を行う大学の姿を示して、その仕組みを制度的に義務付けることで社会が求める専門職業人養成を加速させることが期待できます。

専門職大学の五つの特徴
専門職大学では、「基礎科目」で特定の分野にとらわれない一般的な基礎・汎用科目や生涯にわたり学び続けるためのリテラシー科目を学修します。そして「職業専門科目」で特定の職業に関する専門的な科目を学修します。「展開科目」では他分野について学び、応用力・創造力を身に付けます。最後に「総合科目」でそれまでに学んだことを統合し、実践力と創造力を総合的に向上させます。

特徴1 授業の3分の1以上は実習・実技
特定の職業に関する卓越した技能を育成するため、卒業に必要な単位の約3分の1以上を実習・実技科目としています。そのうち、20単位以上(4年制の場合)は企業等での実習です。
また、企業等の現場で現に取り扱われている生きた知識・技能を教えるため、実務の経験を有する教員(実務家教員)を数多く配置します。
さらに、教育課程(カリキュラム)は産業界や地域社会の意見を聴いて編成され、なりたい職業に直結する内容となります。
このような豊富な実習等で就職後に役立つ高度な「実践力」を身に付けます。

特徴2 理論と実践をバランスよく学ぶ
実践的な教育だけでなく理論の教育も重視しています。座学で学んだ理論の知識を実習等での実体験を通じて定着・発展させます。
授業は、理論に精通した研究者と各業界の現場経験豊富な実務家の両方から受けられます。また、大講義室等での一斉指導中心の授業ではなく、実践的な職業教育の授業を効果的に実施できるよう、原則40人以下の少人数授業が行われます。

特徴3 超・長期の企業内実習で現場を体験
4年制大学の場合、通算600時間以上にもおよぶ超・長期の企業内実習を行います(例えば、1日8時間、週5日の場合、3~4か月)。
企業内実習は、実習先に丸投げすることなく専門職大学が主体的に実習先との協議のもと、学習内容や到達目標、成績評価基準等を設定します。学生は、実際の現場で生きた知識と技術を学び、問題解決できる思考力も養います。

特徴4 専攻する職業に関連する他分野も学び応用力を身に付ける
専門職大学では、専門分野のみならず関連する他分野も学ぶことが制度上義務付けられています(4年制の場合、20単位以上)。
例えば、医療福祉の分野では今後、ICTやロボットの導入、新サービスの事業化等が更に進むことが予想され、医療福祉の知識だけでなく、情報学や経営学など異なる分野の知識を身に付けることにより、さらなる活躍が期待されます。
専門分野の能力に加えて他分野の能力も身に付け、それらを掛け合わせることで、変化に対応して新たなモノやサービスを創り出すことができる創造的な人材を養成します。

特徴5 大学卒(短大卒)の学位がとれる
卒業生には、学士(専門職)、短期大学士(専門職)の学位が授与されます。これらの学位は、一般の大学が授与する「学士」「短期大学士」に相当するものです。
大学卒・短期大学卒の人材として就職や大学院進学、留学ができます。

どんな大学がありますか?
専門職大学は、成長分野、例えば、農業、情報、観光、医療・保健、クールジャパン分野(マンガ、アニメ、ゲーム、ファッション、食など)等での開設が期待されています。
専門職大学を開設するためには、文部科学大臣の認可を受ける必要等があります。制度初年度である2019年度は3校が開設されました。各校の概要は次ページを御覧ください。

おわりに
どのような学生に向いていますか?
やりたい仕事、なりたい職業がすでに決まっている「スペシャリスト志向」の学生や、高度な実践力を身に付け、成長分野や地域産業の変革の担い手になりたい学生、専門高校で学んだ経験をいかして進学したい学生などに適した大学です。

卒業生に期待されていることはありますか?
専門職大学の卒業生は、在学中に専攻する職業の理論と実践をバランスよく学んだ人材として、卒業後には即戦力の専門職として、そして現場の最前線に立つリーダーとしての活躍が期待されています。
さらに、専攻する職業に関連する他分野も学び、応用力を身に付けることにより、前例にとらわれないイノベーションを起こし、就職した業界や職業の変化をリードする人材として活躍していくことも期待されています。

進路の選択肢の一つとして
専門職大学は、今後、様々な職業分野で開設が進むことが期待されています。また、「専門職学部・専門職学科」の制度も設けましたので、既存の大学の中に専門職学科が開設されることも期待されています。
受験生やその保護者の皆様、進路指導担当教員等の皆様におかれましては、進路を御検討する際の選択肢の一つとして御検討いただけますと幸いです。
また、産業界や地域の関係者の皆様におかれましては、専門職大学の運営に御協力賜りますようお願い申し上げます。

※専門職大学制度について紹介するスマートフォンサイト及びYouTube動画を作成しましたので御覧ください。

国際ファッション専門職大学
国際ファッション学部
東京都、大阪府、愛知県
本学は日本で唯一、「ファッション」「ビジネス」の専門職大学として、世界のファッション産業界と連携し、国際的に活躍できるリーダーを育成します。
本学部では、クリエイションからビジネスに至るまでのファッション業界の流れを包括的に理解し、産業界の未来を創造する国際教養を養います。指導陣には、国内外の有名ブランドやファッション業界のプロ経験を持つ実務家教員を多数配置しています。海外実習・インターンシップ先は、欧米・アジアなど海外の幅広い地域から選択できます。

高知リハビリテーション専門職大学
リハビリテーション学部
高知県
本学では、全国に先行し高齢化が進行する高知県という地域の特性を踏まえ、健康寿命の延伸や介護予防等の地域住民の健康増進、高齢者や障がい者の自立支援、障がい児の教育支援、障がい者の就労支援や生活活動支援等の地域社会の取組において、多職種と連携・協働し、中核的な役割を担える理学療法士、作業療法士、言語聴覚士を育成します。基盤となる実践的な知識と技術に加え、医療や介護に資する機器の研究・開発や、支援サービスの開発等、専門性を主体的に探究する能力も育成します。

ヤマザキ動物看護専門職短期大学
動物トータルケア学科(修業年限3年)
東京都
1967年の創立以来、動物看護分野のパイオニアとして教育・研究に邁進してまいりました学校法人ヤマザキ学園は、産業界とともにつくる新制度の専門職短期大学の第1号として、東京都渋谷区松濤に本学を開学しました。本学科では、日本の高齢社会に対応し、コンパニオンアニマルの生から死までに寄り添う「訪問看護・在宅ケア」を特色に科目を配置しました。人と動物の豊かで平和な社会を構築し、ペット関連産業の発展に寄与すべく、産業界と消費者(飼い主)と動物をつなぐ新しい価値観を持った動物看護師を養成します。

<音声トップページへ戻る>