読み上げる

「文部科学省 情報ひろば」新庁舎2階エントランスにおいて新たな企画展示を開始しました!

「文部科学省 情報ひろば」新庁舎2階エントランスでは、文部科学行政に関する様々な展示と情報発信を行っています。この度、2019年4月から新たに以下の大学・研究機関等による企画展示を開始しました。文部科学省への来省の際は是非お立ち寄りください!

[開催期間]2019年4月1日~5月9日
広島大学
「世界初!アスベストを光らせて検出する装置」
広島大学では、アスベストに特異的に結合するタンパク質を作り出しました。このタンパク質を蛍光物質で修飾したものを使い、今までに比べて迅速にアスベストを検出する方法(蛍光法)を開発したので、展示して紹介します。
被災地でのアスベスト飛散をモニターする技術として貢献しており、平成28年の熊本地震においても、開発したアスベスト検出技術を使って、熊本地震の際に倒壊した建物から飛散アスベストを計測する活動を行い、安全確認に貢献しています。
アスベストの社会問題の解決に向けて、建設業界や研究機関だけでなく一般の方にも本技術を知ってもらい、将来的に国民の安全と安心につながることを期待しています。
本技術は、平成24年度文部科学大臣表彰科学技術賞(開発部門)、平成28年度環境賞(環境大臣賞)、平成29年度産学官連携功労者表彰(環境大臣賞)を受賞しています。
皆様のお越しをお待ちしております。
【主な展示物】
・アスベスト蛍光試薬
・アスベスト蛍光検出器
・アスベスト蛍光検出器の説明動画及び大学案内の上映

[開催期間]2019年4月1日~5月10日
公立諏訪東京理科大学
球乗り型パーソナルモビリティ「オムニライド」
公立諏訪東京理科大学は、文部科学省における大学・研究機関等との共同企画広報として文部科学省エントランスにて下記のとおり企画展示を実施いたします。
展示内容は本学で開発した、重心移動によって操縦可能なパーソナルモビリティ「オムニライド」です。最大の特徴は、タイヤではなく一つのボールを使って移動することで、一方向を向いたまま前後左右どの方向にも自由に移動できることから、"OMNIdirectional RIDE"と名付けました。
本展示では、オムニライド実機の展示のほか、パネル展示、走行の様子がわかる動画展示を交えて紹介します。お越しいただいた皆さまに、ものづくりの世界のやりがいや楽しさを知っていただく機会になれば幸いです。
皆様のお越しをお待ちしております。
【主な展示物】
・オムニライド
・オムニライドの走行動画
・開発者による研究紹介動画

情報ひろばINFO
所在地:〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2
交通案内:銀座線「虎ノ門駅」11番出口 直結
千代田線「霞ヶ関駅」A13番出口 徒歩5分
開館時間:月曜~金曜10時~18時
※入館は閉館の30分前まで ※土曜日、日曜日、祝日、年末・年始休館
入館料:無料
〈お問合せ・団体見学申込先〉文部科学省大臣官房総務課広報室事業第2係
TEL:03-6734-2170 Email:hiroba@mext.go.jp

情報ひろばホームページへGO!⇒http://www.mext.go.jp/joho-hiroba/
皆様のお越しをお待ちしています。是非、お気軽にお立ち寄りください。


<音声トップページへ戻る>